未公開物件の意味と人にはそれぞれに様々な事情がある様に物件にも人には知られたくなく事情があると言う事を知りました。
賃貸住宅の種類と物件の見分け方

未公開物件の意味

賃貸住宅の種類と物件の見分け方
時々耳にする「未公開物件」と言う言葉ですが普段は何気なく聞き流しているのですが何となく気になりその意味を調べて見る事にしました。
不動産会社や物件の売主や貸主の様々な事情によって広告活動が制限されている物件の事を未公開物件と言うようです。
人にはそれぞれに様々な事情がある様に物件にも様々な事情があるようです。
不動産会社に取ってインターネット広告やチラシなどは買い手と売り手を結びつける事によって収入を得る事の出来る有効な手段なのですが何らかの事情によって広告が出来ないと言う物件もあると言う事の様です。
現代社会ではインターネットは大変便利な反面、不特定多数の人が閲覧する為に知られたくない事までも知り合いに知られると言う怖さがあります。
例えば私がインターネットで何かのサイトに投稿すると誰か解らないはずだと思っていても私の事を知る人が見ると投稿者は私だと解ってしまう事もあるはずです。
そう思うとインターネットは便利な反面ある意味では恐るべき凶器のようにも思えます。
未公開物件の例を挙げて見ると住む家を売りに出したり貸しに出したりする場合、売りに出す場合の多くは経済的な問題が多くはっきり言うと経済的に困窮しているからです。
時には離婚してその家に住む必要が無くなり売却しても良いのだが買い手も中々見つからずそれならば貸しに出そうと思うのですが近所の人や知り合いには知られたくないと思う物です。
更に家庭は円満で経済的にも困窮していなくても近隣の人達との折り合いが悪く済み心地が悪い場合にも売却や賃貸でも貸出を考える物ですが近隣の人達には絶対に知られたくはない物です。
不動産会社はそんな物件は早く売ったり貸したりして手っ取り早く収入に結び付けたいと言う思いはある中で極まれではありますが、そんな俗に言う訳あり物件を買いたいとか借りたいとか言う人もいるようで一切広告をせずに買い手や借り手を見つける事もあるようです。
こんな場合は上手くいくと売主もしくは貸主と借主にもしくは買い主の両方から仲介手数料を貰える事もあるようで不動産会社にとっては美味しい話です。
そして未公開物件は買主や借主にとっては俗に言う訳あり物件として相場よりも安い金額で購入出来たり借りる事が出来る事もあるようです。
確かに買う側や借りる側にとって大変お得な物件ですが私個人としては訳ありというのにとても抵抗を感じます。
縁起を担ぐ訳ではありませんが何だか縁起が悪そうで気持ちよく過ごせるのかと言えば少し疑問です。
そんなこだわりのない方にはお勧めかもしれません。

おすすめ記事