リノベーションと意味とリノベーション物件のメリットとデメリットについて考えてみましたか。
賃貸住宅の種類と物件の見分け方

リノベーション物件とは

賃貸住宅の種類と物件の見分け方
リノベーションと言う言葉は改善や修復を意味します。
そのリノベーションを住宅に当てはめるとリフォームに近いと思うのですが日本ではリフォームは現状を回復すると言う意味でリノベーションは原状回復にプラスして何らかの付加価値を加えた物と言う意味で使われているようです。
具体的に言うと汚れたり破れたりしたクロスを張りかえる元通りに修復する事はリフォームですが、その張りかえたクロスに防カビ効果や防臭効果が施されていたりすればリノベーションとなります。
そしてクロスを張りかえた事によって部屋全体のデザイン性がぐっと高まるのもリノベーションと言えるようでリノベーション物件と言うのは修復や修繕にプラスして安全性やデザイン性を工夫をした物件の事を言うようです。
リフォームとリノベーションはとても良く似ていてリフォームを進化させた物がリノベーションだと私は理解しています。
そのリノベーション物件のメリットはと言うとその部屋に住む人のニーズやライフスタイルの合わせた居住空間を作り上げる事が出来る事です。
リノベーション物件は事前に建て物をスケルトンして検査を行い不具合が見つかった個所を補修する事もできコストが安くで済むと言う事です。
新築で購入する事は出来なくてもリノベーション物件は中古になるので同じ予算でも選択肢が多いと言う事です。
購入でなくても賃貸でも同じ事が言えます。
賃貸の部屋は入居する際に以前に住んでいた人が汚したクロスや傷つけた個所をリフォームと迄は行きませんがある程度元通りに修復してくれますがそれにある程度リノベーションを施してくれると大変有り難く嬉しく思う物です。
多少家賃が高くても納得できる様な気もします。
反対にリノベーション物件にはデメリットもあって引っ越すまでの間に建物の検査や設計や施工と言う工程が踏まれる為に入居までに時間がかかると事です。
早く家を手に入れたい人には不向きかと思われます。
今の所リノベーション物件は一戸建ての買い取りの物件が多く賃貸の一戸建ては少ないようで賃貸の集合住宅では殆んど見受けられませんが賃貸住宅に長い期間住みたいと望む人達の為にもっともっと増えて欲しいと願います。
例えば極一般的な賃貸のアパートであっても住む人のニーズやライフスタイルに合わせた居住空間を作り上げれば需要は随分増えるはずで自分だけのオリジナルの部屋が出来上がる訳です。
どの部屋も全く同じと言うのとは違って大変魅力的で現代人のニーズや感性にピッタリ来るのではないでしょうか。
そんな部屋に私も住んでみたいと思っています。

おすすめ記事