賃貸住宅を借りるには家賃以外にも初期費用として礼金、敷金、初期費用が必要で結構お金がかかる物です。
賃貸住宅の種類と物件の見分け方

契約の際にかかる費用

賃貸住宅の種類と物件の見分け方
賃貸住宅に住もうと考えた時の真っ先に気になるのが家賃ですが家賃以外にも入居する際に発生する初期費用の事を念頭に置かなければなりません。
その初期費用と言うのは礼金と敷金、仲介手数料です。
礼金と言うのは大家さんに賃貸のアパートやマンションを借りる契約をする際に契約の謝礼として支払う物で相場は家賃の2カ月分です。
礼金は契約終了時には返還されず慣習として行われているような物で地域によって違いはあるようで近頃では礼金が不要なケースも増えて来ていると聞いています。
何だか妙な慣習で何でも合理的に考える現代人には納得の行かない様な気がします。
家賃2カ月分と言っても結構な金額になります。
長く住めば良いのですが短い期間だととても損をした気分になりますが大家さんにとっては大変嬉しい収入です。
それにしても妙な慣習です。
次に敷金ですが、これは退居する際に借りていた部屋の修繕や現状を回復する為に必要な費用を予め徴収する物です。
家賃の3カ月分が相場で礼金との違いは修繕や原状回復の為にかかった費用を差し引き余った分は返還されます。
従って部屋を大切に使えば使うほど返還される金額は多くなる訳ですが余り期待はしない方が良いかと思われます。
多少でも戻ってきたらラッキーと思った方が良く余りにも乱暴というか乱雑の部屋を使っていると退居の際には最初に支払った敷金では足らずに追金をしなければならないと聞いた事もあります。
どちらにしても一旦支払ったお金は戻ってこない事を覚悟しておいた方が良いかと思われます。
そして仲介手数料ですが仲介業者の物件を紹介し契約にこぎつけたお礼と言うのか手数料で本来は貸主と借主が折半になっているのですが実際には借主が全額負担する事が多いようで上限が家賃の1カ月分に消費税を加えた金額になっているようです。
近頃では貸主が入居者の確保の為に全額負担したり仲介手数料が不要だと言う業者も増えて来ていて交渉次第で安くなる場合もあるようですが賃貸住宅を借りる際には念頭に置いておくべきです。
こんな風に考えて家賃7万の賃貸住宅を借りようと思うと礼金が14万、敷金が21万、仲介手数料が消費税は別として7万で合計42万必要になります。
なんとも凄い金額になります。
家賃が高くなればなるほど初期費用も高くなり更に引越し費用を考えると賃貸住宅とは言え結構お金がかかり簡単に部屋を借りる事は出来ない物だと感じます。
住む家を借りるのは大変な事です。

おすすめ記事