アパートとマンションの違いを調べると原則はあっても結構難しく1軒家とは全く違いと言う結論に辿り着きました。
賃貸住宅の種類と物件の見分け方

アパートとマンションの違い

賃貸住宅の種類と物件の見分け方
賃貸の後に付く言葉は?と聞かれると多くの人はアパートやマンションと言うはずです。
賃貸から連想される言葉はアパートやマンションがやはり一番だと思われます。
ですがアパートとマンションの違いって一体何なのだろうかと考えた事はありますか?
それともアパートとマンションの違いを答えて下さいと言われたらちゃんと答える事が出来る人は一体どれ位いるのだろうか?と考えてしまいました。
実は私…アパートとマンションの違いってよく解らないのです。
ニュアンスとしてはマンションは高級感があってアパートは庶民的みたいな感じです。
そのアパートとマンションの違いを調べてみると原則としては2階建て以下の物をアパート、3階建て以上の物をマンションと呼ぶそうです。
そう言われるとアパートと名の付く賃貸物件の多くは2階建てでマンションと呼ばれる賃貸物件は3階建て以上のような気がします。
それ以外にも構造が鉄筋コンクリートと木造によって鉄筋コンクリートはマンション、木造はアパートと呼ばれているようです。
実際に最近建った新しい2階建ての賃貸住宅はマンションと呼ばれているようにも思えます。
何だかちょっと難しい様な気もしますがアパートもマンションも同じ共同住宅で他の入居者と共有するスペースがあるのが特徴です。
共有するスペースと言うのは何かと言えば例えば階段や郵便受けのあるスペースなど駐車場も含まれます。
一般的には2年間の賃貸契約を結ぶのが多いと聞いています。
近年増えて来ているのが週単位や月単位で借りる事の出来るウィークリーマンションやマンスリーマンションですが私の住む地域では大抵は2階建てだからおそらく構造が鉄筋コンクリートだからマンションと呼ばれているのだろうと思っています。
今までにウィークリーアパートやマンスリーアパートと言う言葉は聞いた事がありません。
ですが長期間の出張などの多く利用されているのがサービスアパートメント呼ばれていて基本はマンションのような生活ですがホテルのようなサービスを受ける事が出来るのが特徴の賃貸物件です。
ホテルのように堅苦しい雰囲気がなく気軽の便利なサービスを受ける事が出来るのですが何故アパートと言う名前が付くのでしょうか?
もしかすると構造は鉄筋コンクリートでも2階建て以下なのだろうかと想像します。
考えれば考える程マンションとアパートの違いが良く解らなくなるのですがとにかく1軒家を丸ごと借りるのではない事は確かです。
アパートもマンションも1軒家を借りるよりも何となく気軽に借りる事が出来るのは事実です。
自分の目的にあえばアパートでもマンションでもこだわる必要はないと思います。

おすすめ記事